萌えるもよし、燃えるもよし

或る書籍プロデューサーの関わった書籍や、周辺事情の紹介。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和撫子紫電改 ~少女トップガン空母航空隊 (仮)

来年新作のお知らせです。

大和撫子紫電改

タイトル:大和撫子(ヤマトナデシコ)紫電改 ~少女トップガン空母航空隊 (仮)
著 者 :志真 元
イラスト:冨沢和雄/未定
出版社 :未定
発 売 :2011-01月予定
ISBN10:未定
定 価:未定

第二次大戦開戦前夜、大日本帝国海軍では予測されるパイロット不足を解消する目的で、女性パイロット養成を目的とする海軍飛行女子予科練習生が採用開始された。
18年後期には最初の卒業生である女性パイロット配属がはじまったが、彼女らを取り巻く海軍・艦内の空気は決して歓迎的では無かった―――

男性顔負けな凄腕少女パイロットの活躍を描く新作の登場です!
スポンサーサイト

女子高生=山本五十六 リローデッド 3 熱闘! 第二次ミッドウェー海戦 (仮)

来年新作のお知らせです。

現在デザイン中

タイトル:女子高生=山本五十六 リローデッド 3 熱闘! 第二次ミッドウェー海戦 (仮)
著 者 :志真 元
イラスト:長森佳容/未定
出版社 :イカロス出版 AXIS LABEL
発 売 :2011-02-上旬以降
ISBN10:未定
定 価:未定

幾つかの大きな作戦イベントを終了し、既に後半戦へ突入したと言えるバーチャルシミュレーション・ゲーム「セカンド・ウォー・リアル」。
日米兵器開発インフレもとどまるところを知らず、レシプロ機開発をストップしていた中島では、いよいよジェット戦闘機の開発が佳境に突入。
現実と異なる歴史推移から実行をジャンプしたミッドウェー海戦も、いよいよ遂行か?
一方、末期戦マニアたちの手で着々と準備の進められる本土決戦では、質よりも量で対抗という超兵器にて迎撃の体制が整えられていく。
現実世界においては高山五十美が蛇渇の如く忌み嫌う、あのオタクの祭典へと侵入?

「女子高生=山本五十六」Rシリーズ第三巻にご期待下さい。


なお、「超弩級航空豪華客戦艦 大和」「中国分断/国連解体」と本作の間で、もう一つの新作を近日ご紹介するかもしれません。

中国分断/国連解体 ~民間軍事航空艦隊メイデンフリート~ (仮)

緊急出版のお知らせです。

中国分断_国連解体_cover

タイトル:中国分断/国連解体 ~民間軍事航空艦隊メイデンフリート~ (仮)
     Private Maiden Fleet
著 者 :志真 元
イラスト:未定
出版社 :未定
発 売 :2010-12-中旬予定
ISBN10:未定
定 価:\1000予定

201x年、赤い経済大国は権力闘争の果てに、統一国家崩壊の危機を迎えていた。
対立する派閥と軍管区同士は睨み合いを続け、一触即発の状況にあった。
その混乱は国連にも波及し、常任理事国の内乱によって機能停止状態に陥る。
しかし四方を海に囲まれた近隣国家は、これを国威回復最大のチャンスと捉えた。
自国海域防衛の為と称して民間軍事会社の艦隊を雇用し、極秘に大国攻撃の機会を伺う。
目的は大国分裂に至る発火点へと向けて、トリガーを引くことである。
民間軍事会社“Spectra Defenses”社所属の武装警備員パイロット「龍神沙耶架(リュウジンサヤカ)」は、空母“ヴァルキューレ”の艦上にあって、可変翼ステルス戦闘機“CrusaderⅡ”を翔っての出撃命令を待ちわびていた。
大国分裂を阻止したい勢力が雇用した民間軍事会社“Triglav Military”の、前進翼ステルス戦闘機“Su-57”パイロットであるアンナ・ジェルジンスキとの因縁に決着をつける為である―――――

ハードなミリタリー&ポリティカルシミュレーションストーリーが登場します。

超弩級航空豪華客戦艦 大和 ~蒼海の令嬢艦長~

緊急出版のお知らせです。

超弩級航空豪華客戦艦大和 cover_cara

タイトル:超弩級航空豪華客戦艦 大和 ~蒼海の令嬢艦長~
     大日本帝国海軍株式會社設立 旭日の國有傭兵艦隊 (仮)
     Battle Floating Hotel Ship “YAMATO”
     Japanese Empire Naval Forces Inc.
著 者 :北城 一輝
監 修 :志真 元
イラスト:長森佳容/中村亮
出版社 :イカロス出版 AXIS LABEL
発 売 :2010-11-下旬
ISBN10:未定
定 価:\1000予定

能動的な国家戦略を捨て、顧客は絶対神のモットーに則り、陣営を選ばぬ一作戦毎の契約に全力を投入する大日本帝国民営化海軍連合艦隊と、その象徴であり改装なった豪華客戦艦『大和』。
名誉艦長である「浅野真織(アサノマオ)」は、闘いの中で正艦長に昇格する。
「死の商人?いやいや、戦勝請負人ですよ」リスクマネージングスーパーバイザー湯西川淑子はそう嘯く―――――

戦争=ビジネス?、問題作の登場です。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。