萌えるもよし、燃えるもよし

或る書籍プロデューサーの関わった書籍や、周辺事情の紹介。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対馬・自衛奪還戦 / 特殊作戦部隊ライジング・ディフェンダー scene04 Final

対馬・自衛奪還戦/特殊作戦部隊ライジング・ディフェンダー scene04 Final

著者:志真 元
イラスト:冨沢和雄/鷲尾直広
メカデザイン:鷲尾直広
形式:月刊情報誌『Sanko Express No.04』掲載 イラストレイテッド・ノベル
発行:サンコー
配布:2009-04-01予定

【あらすじ】
2014年、長崎県の対馬は、突如現れた謎の重武装敵軍部隊に全島をほぼ制圧された。
ニ十四時間以内での全島奪還を目指す、雪風渚一等海尉に率いられた江田島の海自特殊戦部隊『シードラゴンズ』は、特殊潜航艇型可変式二脚歩行重機《海龍》四機を駆って敵を撃破しつつ、官邸からの指示による“特別任務”を果たす為に進撃を続ける。
一方、陸上自衛隊隊中央即応集団も遂に上陸を果たし、航空自衛隊のガンシップYAC-2Aが残敵を掃討する。
しかし戦いの最終局面で、渚らは予想外の反撃によって危機に直面する……
----------------------------------------------------------------------

高円寺他三店舗を持つエヴァパチンコ聖地のサンコー様による情報誌第四号の発行です。
『ライジング・ディフェンダー』第四回は、謎の敵と自衛隊による最終決戦が描かれます。

サンコーエクスプレスには配布対象制限がございません。
入手ご希望の方は店内カウンターにてお尋ね下さい。

対馬・自衛奪還戦はこの回でシーズン終了を迎えます。
次の新連載は、『女子高生=山本五十六』の続編に当たる作品を予定しています。
驚愕?の正式タイトル公開は、もうしばらくお待ち下さい。


表紙の挟宮遙海曹長が持っている銃は、口径7.62mmのSaco Defense Systems Division またはU.S.Ordnance製のM60らしき機関銃です。
海自の特殊部隊装備現用機関銃はベルギーFN社製のMINIMI住友重機械工業でライセンス生産したものですが、遙はこれを倉庫からでも引っ張り出してきたのでしょうか、無骨なスタイルがお気に入りの興味津々なようです。

表紙のイラストを使用するPC用壁紙を作成しました。
対馬・自衛奪還戦 壁紙sample

下記よりダウンロードできます。
表示後、右クリックで任意保管してご利用下さい。

1024x768 Size
1280x1024 Size
1280x800 Size
1680x1050 Size
1920x1200 Size
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://nako1941.blog87.fc2.com/tb.php/25-901ef0a4

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。