萌えるもよし、燃えるもよし

或る書籍プロデューサーの関わった書籍や、周辺事情の紹介。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女皇の帝国 内親王那子様の聖戦 (3) 1942 艨艟激突!

女皇の帝国 内親王那子様の聖戦 (3) 1942 艨艟激突!

著 者 :吉田 親司
イラスト:冨沢和雄/鷲尾直広
出版社 :ベストセラーズ WANI NOVELS 257
発 売 :2008-08-21
ISBN10:4584179573
定 価:\940

我々の知る昭和に似た、別の歴史にある『1942年』の春。
内親王那子様は日米連合艦隊を率いてソ連艦隊に劇的な勝利を収めるも、慢性的な戦力の不足を痛感し、心を痛める。
そんな那子様の元に新型の複座円盤翼戦闘機が届けられる。
一方、多くの戦力を失ったソ連太平洋艦隊は、日本本土に残された戦艦群を接収して新艦隊を編成する。残存艦の中には世界最大級の巨艦『武蔵』の姿もあった。
ソ連本国から派遣された銀髪の若き提督ロジェストヴェンスキーは新艦隊司令官に任命される。
日米連合軍は、かつての姉妹艦に牙を剥く艨艟たちの激しい砲撃に劣勢を強いられる。御召艦銀河が被弾して危機を迎える中、那子様は山本司令長官と競った花札勝負での約束を果たすよう迫られる……
傷つきながらも怯まず祖国奪還の戦いに突き進む可憐な姫君が、絶体絶命の戦いに挑む、「女皇の帝国」第三弾が登場。

退かぬ怯まぬ、我らの女神!
こんなプリンセスを僕たちは待っていた!!


大元帥代理の那子様が何故水兵の服装なのか?
これは、志願兵募集のポスター写真撮影用にコスプレした姿であるからなのです。

フライングパンケーキ「極光」複座型ですが、姫様が姫様である為には従者がいないと話にならん!ということで、どこにあってもお付きを従えていられるようにと新規設定しました。
艦上での前方視認対策として、機首そのものがほぼ無い百式司偵Ⅲ型前期仕様としてみました。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://nako1941.blog87.fc2.com/tb.php/6-01907599

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。